スポンサーリンク

2011年09月03日

瀋陽で賃貸アパートを探す その1

今日は不動産に行き賃貸アパートを探しました。

最初に見たのは、中華路?に面したマンションの6階でした。
ワンルームで一ヶ月の家賃が1200元。
バスタブなしのシャワーとトイレがあり、
室内はそれほどきれいではありませんでした。
エアコンは古く、今の住民に聞くと、一度も使用していないとのこと。
夏はそれほど暑くなく、冬は床の暖房があり、自分で買ったヒーターもあり、
冬でも寒さは大丈夫とこことでした。
電子レンジがないのが、気になりました。
(収納スペースやテーブルもなかった)

次に見たのは、2DKで、一ヶ月の家賃が1500元
1階で門衛(保安)がいないのが、まず、気になります。
部屋は古く汚く、電気や水道などでトラブルがすぐに発生しそうな感じです。
トイレ兼シャワーが特に悪く、トイレにシャワーがついている感じです。
(シャワーを浴びると、便座がモロに濡れます。スリッパが置けません!)
ここは絶対にダメだと思いました。

後に1600元の所があると不動産に言われ、
近いうちに連絡するとのこと。

中国医科大学付近には、ネットを見ると空いているマンションがありますが、
今日行った不動産ではひとつも取り扱っていませんでした。
(店員の人柄は良さそうでしたが)

また、瀋陽の不動産は物件を見るのに、
最初に30元支払うことを知りました。
(二件目以降を見るには、お金はかかりません。)
不動産会社をいくつか訪れると、見るだけでもお金が飛びます。
posted by 大阪人 at 22:54| 賃貸家探しなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。